多額の借金の苦しみから抜け出しましょう


借金問題は人それぞれご事情が異なりますので、相談いただいたお一人お一人の状況に合わせて、最適なプランをご提案したします。まずは無料相談にてお悩みをお聞きします。



任意整理について




最も一般的な債務整理の方法が任意整理です。借金問題の専門家が最善の方法をお考えしますので、まずは気軽にご相談ください。山口のほか、日本全国対応で承っております。
過払い金について




過払い金の返還は、法律のプロに任せるのが一番です。まずは状況をお調べすることから始まりますので、お気軽にお問い合わせください。
自己破産について




借金を返済できずに苦しんでいる方は、ぜひご連絡ください。最善な解決の手順を提案いたします。相談は無料となっております。
個人再生について



体験談のご紹介です

投稿者:RM様・山口県・38歳・女性

今回は山口県に住む私の母の話をさせていただきます。母は19歳で私を産みました。28歳で妹を生んだあと、父と離婚。離婚の原因は父親の単独事故でした。
父親が事故の治療のため仕事を長期休暇していたため、母は自分名義のカードローンで生活費を補っていました。しかしそんな生活に嫌気が差し父と離婚して、地元の山口に戻り私たち二人を育てるために昼夜問わず働いてくれていました。
しかし母親名義のローンは300万ほどあり月々の支払いは15万円ちかく。その上、私の高校進学のお金を借金し、支払いが苦しくなっていきました。
働いても働いても、楽にならずけんかばかりの毎日。私も山口の公立高校に通いながらバイトをし、月に8万円は母に渡すことに。

そんな生活を10年近くつづけました。そろそろ借金もなくなったと思っていたのですが、元金は減っておらず、いつも利子を払い、また母はお金を下ろしていました。そうしないと生活できなかったからです。
私は借金をなくすために母に毎月8万渡していたのに、まったくそれが役立っていないし、当時母が付き合っていた人も借金があり、母はその人の分も支払っていました。
私が汗水ながして働いたお金は、その男のパチンコ代に消えていったことも知りました。
こんなの詐欺だ。と思って警察に相談しました。しかし親子間での金銭のやりとりは詐欺としては訴えれないという回答しかもらえず、結局モヤモヤした気分になりました。

絶望的で終わりのない借金。母は私に月8万入れないと、妹を施設に預けると言い出し、私は悩み地元山口の相談センターに電話をしてみると、そこで債務整理と言うものがあり、母のケースの場合は任意整理という方法が考えられるということでした。借金で苦しんでいる人を助ける方法がある事を知り、さっそくその方法を知るために山口県の財務事務所へ向かいました。
母の借金なので私では受け付けてもらえないけど、説明だけでもいいのでと頼み、債務整理の詳しい方法を聞きました。まずそこでビデオを見せてもらい、生活に必要な経費と収入、借金の額や会社名などの記入をし、生活費を引いた金額で借金を返す方法を考えるというものでした。減額交渉後の借金を3年以内にかえす見込みがなければ自己破産と言う形になりそうでなければ任意整理と言う債務整理の方法で借金を減らすことが出来るとの説明。これ以上は実際にやったほうが速いとの事で母の来所を希望されました。
しかし母は、そんな事は恥ずかしいし、意地でも返済する。自分が借りたお金なので人にそんな話しをしたくない。と聞く耳持たずでした。
母の考えを変える為に、思い切って妹を連れて山口県外に一時引っ越しをして、母には仕送りをしませんでした。
私の存在がというより、私からの8万円がないと生活できないとわかった母は、話しだけでもとやっと債務整理について前向きに考えてくれました。

担当の方の熱い説得によりすぐに債務整理の手続きが行われ、トータルで5社あった借金は法定金利に計算したところ、既に法定返済額は超えていました。
過払い請求すればお金も戻ってくるとの事でいままでの苦労はなんだったのかと思うくらい、気持ちも整理できました。
借金しているという負い目や恥ずかしい、カードがもてないといろいろ不便や感情でためらう気持ちも分かりますが、意地を張っても生活は維持できません。
知識のある人に相談するだけでも違います。母のように法定金利にもどすと支払いがなくなる人や、担当の方が、金貸し業者に毎月の支払額を相談してくれたり自分の生活を守るためにいろいろ知恵を出してくれます。
もし貴女が債務整理について迷っているのなら、説明だけでも聞いてみてください。心の閉ざしていた扉から少しだけ明るい光が見えます。
過去あれだけ苦しい思いをした私たちですが、今は山口で幸せな日々を過ごしています。

Copyright © 債務整理山口.jp All Rights Reserved.