口コミ体験談の投稿者様:OMISOSIRU様
(30歳、女性)

わたしは二十代の頃に家族の借金を肩代わりし、三十歳になるまでずっと一人で、その債務を地道に返済し続けていました。
返すお金は一ヶ月に二万五千円ほど。

わたしは学歴も経験も何もなく、スーパーマーケットでパートアルバイトをしている身分なので、月に13万円程度しか稼げなかったのですが、それでもその二万五千円だけは必死で捻出していました。
なぜなら、そうしないと両親に顔合わせができなかったからです。
しかし、そんな生活が長く続くわけがありませんでした。

友達に借金をしようとしましたが、借りるあてもなく次第にわたしは消費者金融を利用するようになり、気がつくとリボ払いになっていたその債務の総額が100万円以上になっていました。
最初のうちは、「これで当分は大丈夫」と安心していたのですが、実はそのとき、わたしはリボ払いのしくみをよく理解していませんでした。
返済しても返済しても減らない元本にビックリしつつ、わたしは毎日毎日、督促状を眺めては途方に暮れていました。

しかし、いつまでものんびりしていられませんし、ネットで調べてみると「三ヶ月滞納すると差押えが来て、裁判にもなる」と書かれていたので、わたしは焦って、法テラスへ行きました。

法テラスとは、無料相談できる法的な施設であり、わたしはそこで自己破産手続きに関する説明を聞いてきたのです。
自己破産をするには三万円程度のお金が必要とのことで、法テラスを利用する場合は、月三千円の支払いを二年間続けなければならないとのことでした。
わたしは、そうでもしないと生活できなかったのでそのまま弁護士の方に本件を任せることにし、各債権者に受任通知を送ってもらいました。

自己破産のための書類を集めるのは本当に大変でしたが、どうにか三ヶ月かけてすべての書類を用意し、そのまま自己破産をしました。
裁判所には二回も行く必要があったのですが、二回行ったらもうそれで債務は帳消しになりましたし、あっけなくすべての借金はゼロになったのです。

今は、月三千円の支払いを続けつつ、のんびり暮らすことができています。彼氏もできて、貯金もできて、とても幸せです。